下高井戸シネマ


特集ページ  2月へ  3月へ  4月以降へ 

優れたドキュメンタリー映画を観る会 vol.33
"夏の嵐のあとに"

かけがえのない人生で、それぞれの命が輝いている。
命に優劣なんて、ない。
優れたドキュメンタリー映画を観る会・飯田光代(ピカフィルム)

<全作品共通前売券 販売中!>
劇場窓口にて販売:1回券 1000円 / 5回券 4500円
※4/14(金)の前夜祭にはご利用いただけません。
<当日料金>
一般 1300円 / 大学・専門学校 1100円 / 小・中・高・シニア・障がい者手帳をお持ちの方・火曜みなさま 1000円 / 会員 900円
*『きらめく拍手の音』一般1600円 / 大学・専門1300円

「世田谷区手をつなぐ親の会」の手作りクッキーや雑貨を販売します。
「日大文理 国際子ども支援ボランティア・グループ"サラマット・A"」 の雑貨を販売します。

公開前夜祭

▶『人生フルーツ』上映
2016年/日本/1h31/配給:東海テレビ放送、東風
雑木林に囲まれた平屋に暮らす建築家夫婦。コツコツ丁寧に生きる二人の暮しぶりを映す。



▶伏原健之監督トークショー

2017年4月14日(金)
開場18:30 開演19:00
(終了予定21:30)

【限定150席】
前売券販売&電話予約受付中 →完売いたしました。
一般・大学・専門学校 1800円
小・中・高・シニア・障がい者手帳をお持ちの方・会員 1600円
*特別イベントのため招待券はご利用いただけません。
*特集の前売り券はご利用いただけません。
*予定枚数終了次第締め切りとなります。

見世物小屋 〜旅の芸人・人間ポンプ一座〜

監督:北村皆雄/語り:麿赤兒
1997年/日本/1h59/配給:ヴィジュアルフォークロア

最後の肉体芸パフォーマー、安田里美とその一座による秩父夜祭りでの興行と日常を内側から記録。見世物小屋は大きな家族!

4/15(土) 10:00〜(終映12:04)

4/19(水) 19:30〜(終映21:34)

*4/19(水)トーク:北村皆雄監督


▲TOPへ


©2016 Deafbird Production
LISTEN リッスン

監督:牧原依里、雫境(DAKEI)
2016年/日本/0h58/サイレント
宣伝:聾の鳥プロダクション/配給:UPLINK

聾者の音楽を視覚的に表現した前人未到の映像詩。15人の聾者が手、顔の表情など全身を駆使して自らの"音楽"を奏でる無音の58分間。

4/15(土) 19:30〜(終映20:33)
*4/15(土)トーク【手話通訳付き】:雫境(DAKEI)監督

4/20(木) 10:20〜(終映11:23)


▲TOPへ

きらめく拍手の音

2015年 山形国際ドキュメンタリー映画祭アジア千波万波部門 特別賞
2014年 ソウル国際女性映画祭 オンナン文化賞


監督:イギル・ボラ
2014年/韓国/1h20/配給:ノンデライコ

聾唖の父母を健聴者の娘(監督)が見つめたつつましくもいとおしい、ある家族の物語。

4/16(日) 10:20〜(終映11:45)
4/16(日)トーク【手話通訳付き】:イギル・ボラ監督


▲TOPへ


©2015 Nonaka Mariko Office
ダンスの時間

監督:野中真理子/出演:村田香織
2015年/日本/1h28/配給:野中真理子事務所

ダンスとは感じること。生きることを肯定すること。振付や母の介護、ダンサー村田香織の日常から、心を豊かにするダンスの秘密を探る。

4/16(日) 19:30〜(終映21:03)
4/16(日)トーク:野中真理子監督、村田香織さん(出演)


野中真理子事務所 公式ホームページはこちら

▲TOPへ



「ここに居るさ」本編より
ここに居るさ

監督:宮崎政記
2016年/日本/1h26

飛騨高山、野麦峠の麓。過疎の集落で不便さと孤独を抱えながらも「ここに居るさ」と決めたお婆ちゃんたちの暮らしとそれを支える人々。

4/17(月) 10:20〜(終映11:51)
4/17(月)トーク:宮崎政記監督

▲TOPへ


©ネツゲン
カレーライスを一から作る

監督:前田亜紀
出演:関野吉晴、武蔵野美術大学ゼミ生
2016年/日本/1h36/配給:ネツゲン

探検家・関野吉晴による大学の課外ゼミ。野菜や肉、全て自分たちで一からカレーを作る事に挑む学生の姿から、人間の営みを見つめ直す。

4/17(月) 19:30〜(終映21:11)
※4/17は聴覚障がい者向けバリアフリー字幕上映
4/17(月)トーク【手話通訳付き】:前田亜紀監督

4/18(火) 10:20〜(終映12:01)



▲TOPへ

オキュパイ・シャンティ
〜インドカレー店物語〜


監督:松原明
2016年/日本/0h43/配給:ビデオプレス

カレー店で働いていたインド、バングラデシュの人たちは労働組合を結成。2年間未払いの賃金支払いと雇用確保を求めて立ち上がった!

4/18(火) 19:30〜(終映20:18)
4/18(火)トーク:松原明監督、出演者


▲TOPへ


©いせフィルム
ぴぐれっと

2002年度 キネマ旬報ベスト・テン 文化映画第8位

監督:伊勢真一
2002年/日本/1h38/配給:いせフィルム

障がいを持つ子供の母親が中心となり立ち上げた作業所「ぴぐれっと」。笑顔で通う仲間たちの日々とグループホーム設立までを追う。

4/19(水) 10:00〜(終映11:43)
4/19(水)トーク:伊勢真一監督


▲TOPへ

夜明け前の子どもたち

監督:柳澤寿男
1968年/日本/1h56/作品協力:社会福祉法人びわこ学園

故・糸賀一雄が中心となり設立した西日本初の重症心身障がい児施設「びわこ学園」の試みを映す。日本の福祉ドキュメンタリーの原点。

4/20(木) 19:30〜(終映21:31)
4/20(木)トーク:伊勢真一さん(映画監督)

びわこ学園公式ホームページはこちら

▲TOPへ

クワイ河に虹をかけた男

2016年度 キネマ旬報ベスト・テン 文化映画第5位
2016年度 平和・協同ジャーナリスト基金賞 奨励賞

監督:満田康弘
2016年/日本/1h59/配給:きろくびと

アジア太平洋戦争下、旧日本軍が建設した泰緬鉄道。その"死の鉄道"の贖罪と和解に生涯を捧げた元陸軍通訳、永瀬隆、20年の記録。

4/21(金) 10:00〜(終映12:04)


▲TOPへ

赤い大地の仲間たち フマニタス25年の歩み

併映『ササキ農学校の一日』(22分)

監督:岡村淳
2003年/日本・ブラジル/1h06

ブラジル奥地でハンセン病患者の診療所を作った佐々木治夫神父。様々な支援活動を広げる神父と、修道女たちの愛と闘いの記録。

4/21(金) 19:30〜(終映21:03)
4/21(金)トーク:岡村淳監督


▲TOPへ

特集ページ  2月へ  3月へ  4月以降へ 
q2