下高井戸シネマ


特集  イタリア映画祭へ  12月へ  1月へ  2月へ  一覧表へ 

アラン・ロブ=グリエ レトロスペクティブ

終りなき反逆と遊戯の果て、めくるめくエロティシズムの陶酔へ―。
『去年マリエンバートで』の脚本で知られる〈ヌーヴォー・ロマン〉の旗手 アラン・ロブ=グリエ、幻の映画監督作6本。

2/9(土)〜2/15(金)
一日2回日替わり上映


一般1600円 / 大学・専門1300円 / 高校・シニア・火曜日みなさま1000円 / 会員900円

配給:ザジフィルムズ


(c)1974 IMEC
快楽の漸進的横滑り 

GLISSEMENTS PROGRESSIFS DU PLAISIR
1974年/フランス/1h46
出演:アニセー・アルヴィナ、ジャン=ルイ・トランティニャン、イザベル・ユペール

ルームメイト殺しの容疑で逮捕されたアリス。心臓にハサミが突き刺さっている被害者の体には、書きかけの聖女の殉教の絵が残され…。

2/9(土)・2/12(火) 17:00〜(終18:51)
2/15(金) 19:10〜(終21:01)

▲TOPへ

(c)1983 ARGOS FILMS
囚われの美女

LA BELLE CAPTIVE
1983年/フランス/1h25
出演:ダニエル・メグイシュ、ガブリエル・ラズール、シリエル・クレール、ダニエル・エミルフォーク

場末のナイトクラブ。踊るブロンドの美女を男が見つめている…。マグリットの絵画をモチーフに、幻想と官能が交錯する不条理サスペンス。

2/9(土) 19:10〜(終20:40)
2/15(金) 17:00〜(終18:30)

▲TOPへ

(c)1963 IMEC
不滅の女

ルイ・デリュック賞
L'IMMORTELLE
1963年/フランス・イタリア・トルコ/1h41
出演:フランソワーズ・ブリオン、ジャック・ドニオル=ヴァルクローズ、カトリーヌ・ロブ=グリエ

イスタンブールに休暇でやって来た男は、白い車を乗り回す謎の美女と出会う―。未だ"新しさ"に満ちた記念すべき監督デビュー作。

2/10(日) 17:00〜(終18:46)
2/13(水) 19:10〜(終20:56)

▲TOPへ

(c)1970 IMEC
エデン、その後

L'ÉDEN ET APRÈS
1970年/フランス・チェコスロヴァキア・チュニジア/1h38
出演:カトリーヌ・ジュールダン、ピエール・ジメール、リシャール・ルデュック

退廃的遊戯に興ずる学生の前に男が現れ…。死や性の幻想を極彩色の映像で表現した初カラー作。

2/10(日)・12(水) 19:10〜(終20:53)
2/13(水) 17:00〜(終18:43)

▲TOPへ

(c)1966 IMEC
ヨーロッパ横断特急

TRANS-EUROP-EXPRESS
1966年/フランス・ベルギー/1h35
出演:ジャン=ルイ・トランティニャン、マリー=フランス・ピジェ、クリスチャン・バルビエ

パリからアントワープへと麻薬を運ぶ男の波乱万丈な道中を、多重なメタで構築した快作。

2/11(月) 17:00〜(終18:40)
2/14(木) 19:10〜(終20:50)

▲TOPへ

(c)1968 IMEC
嘘をつく男

ベルリン国際映画祭 銀熊賞(男優賞)
L'HOMME QUI MENT
1968年/フランス・イタリア・チェコスロヴァキア/1h35
出演:ジャン=ルイ・トランティニャン、イヴァン・ミストリーク、ズザナ・コクリコヴァー

ナチス傀儡政権下のスロヴァキア。小さな村に異邦人が現れ…。ボルヘスの短編を基に描くドラマ。

2/11(月) 19:10〜(終20:50)
2/14(木) 17:00〜(終18:40)

▲TOPへ

特集  イタリア映画祭へ  12月へ  1月へ  2月へ  一覧表へ