下高井戸シネマ



2023年1月の上映スケジュール  2月  特集1  一覧表 

テアトル・クラシックス ACT.2
名優ポール・ニューマン特集~碧い瞳の反逆児~


20世紀アメリカを代表する名優ポール・ニューマン。
タフで繊細、クールでチャーミングな彼の魅力あふれる主演4作品を一挙上映!

1/2(月)~1/13(金) 2週間日替り上映

一般1200円 / シニア・火曜サービスデー1100円 / 大学・専門・小・中・高500円 / 会員990円
★1/2(月)は、映画サービスデー!みなさま1100円均一!
(1月は元旦が休館のため2日に実施)





















明日に向って撃て!

1969年/アメリカ/1h50
監督:ジョージ・ロイ・ヒル
出演:ロバート・レッドフォード

強盗団を率いるブッチと、相棒で凄腕ガンマンのサンダンス。彼らの自由奔放な生きざまを描く、青春西部劇の傑作。

1/2(月)・4(水)・6(金)・7(土)・10(火)・13(金)
9:30~(終11:23)


熱いトタン屋根の猫


1958年/アメリカ/1h48
監督:リチャード・ブルックス
出演:エリザベス・テーラー

米国南部の大農場を舞台に、余命僅かな資産家とその家族の姿を通して人間のエゴイズムと愛憎を描く、名戯曲の映画化。

1/3(火)・5(木)
9:30~(終11:21)


ハスラー

1961年/アメリカ/2h15
監督:ロバート・ロッセン
出演:ジャッキー・グリーソン

賭けビリヤード界の新鋭ハスラー・エディは、大物ハスラーに戦いを挑み…。賭博の世界に生きる男の転落と再起を描いた名作。

1/8日)・11(水)
9:30~(終11:47)


暴力脱獄

1967年/アメリカ/2h07
監督:スチュアート・ローゼンバーグ
出演:ジョージ・ケネディ

懲役刑を受けたルークは、横暴な看守に反発するかのように脱獄を繰り返すが…。権力に屈しない男の生き様を描く。

1/9(月)・12(木)
9:30~(終11:40)


▲TOPへ

チケット・トゥ・パラダイス

2022年/アメリカ/1h44
監督・脚本:オル・パーカー
出演;ジュリア・ロバーツ、ジョージ・クルーニー、ケイトリン・デヴァー、マキシム・ブティエ

いがみ合ってばかりの元夫婦が、愛娘のスピード婚を止めようと奮闘する…。G・クルーニーとJ・ロバーツが共演し、バリ島を舞台に繰り広げるリゾート・コメディ。

1/2(月)~1/7(土) 11:40~(終13:29)
1/8(日)~1/13(金) 14:35~(終16:24)


一般1700円 / 大学・専門1300円 / シニア・火曜サービスデー1100円 / 小・中・高1000円 / 会員990円

★1/2(月)は、映画サービスデー!みなさま1100円均一!
(1月は元旦が休館のため2日に実施)


▲TOPへ

ホワイト・ノイズ

2022年/アメリカ/2h16
監督:ノア・バームバック
出演:アダム・ドライバー、グレタ・ガーウィグ、ドン・チードル

科学物質の流出事故に見舞われ、錯乱した大学教授が家族と共に逃走する。米国現代の家族が愛と死、幸福といった普遍的なテーマに向き合う姿を描く。

1/2(月)~1/7(土) 13:50~(終16:11)
1/8(日)~1/13(金) 16:40~(終19:01)

一般1700円 / 大学・専門1300円 / シニア・火曜サービスデー1100円 / 小・中・高1000円 / 会員990円

★1/2(月)は、映画サービスデー!みなさま1100円均一!
(1月は元旦が休館のため2日に実施)


▲TOPへ

アムステルダム

2022年/アメリカ/2h14
監督・製作・脚本:デビッド・O・ラッセル『アメリカン・ハッスル』
出演:クリスチャン・ベール、マーゴット・ロビー、ジョン・デヴィッド・ワシントン、アニャ・テイラー=ジョイ、 ラミ・マレック、ロバート・デ・ニーロ

1930年代、NY。新たな戦争が始まろうとしているきな臭い世の中で、男女3人が巻き込まれる殺人事件と歴史を変えた巨大な陰謀の裏側を描く。

1/2(月)~1/7(土) 16:25~(終18:44)
1/8(日)~1/13(金) 12:00~(終14:17)


一般1700円 / 大学・専門1300円 / シニア・火曜サービスデー1100円 / 小・中・高1000円 / 会員990円

★1/2(月)は、映画サービスデー!みなさま1100円均一!
(1月は元旦が休館のため2日に実施)

※前売り券・ムビチケ使用不可


▲TOPへ

ザ・ローリング・ストーンズ
ロックン・ロール・サーカス
4Kレストア版


1968年/イギリス/1h06

1968年、ロックとサーカスの融合を目指してストーンズが行った幻のライヴイベント。ミック・ジャガーの「悪魔を憐れむ歌」のパフォーマンスは必見!

1/2(月)、4(水)、6(金)19:00〜(終20:11)
1/3(火)、5(木)、7(土)20:25〜(終21:36)


一般1500円 / 大学・専門1200円 / シニア・火曜サービスデー1100円 / 小・中・高1000円 / 会員990円

★1/2(月)は、映画サービスデー!みなさま1100円均一!
(1月は元旦が休館のため2日に実施)


▲TOPへ

ザ・ローリング・ストーンズ
チャーリー・イズ・マイ・ダーリン
2Kレストア版


1965年/イギリス/1h03

1965年、ストーンズが初めて記録されたフィルム。勢いにのる若きストーンズの熱狂のステージ、オフショットも捉えた傑作ドキュメンタリー。

1/2(月)、4(水)、6(金)20:25〜(終21:33)
1/3(火)、5(木)、7(土)19:00〜(終20:08)


一般1500円 / 大学・専門1200円 / シニア・火曜サービスデー1100円 / 小・中・高1000円 / 会員990円

★1/2(月)は、映画サービスデー!みなさま1100円均一!
(1月は元旦が休館のため2日に実施)


▲TOPへ

ブリティッシュ・ロック誕生の地下室

2021年/イギリス/1h28

イギリスのロックが誕生したライブハウス「イーリング・クラブ」を題材にしたドキュメンタリー。ミュージシャン達の証言を通し、軌跡をたどる。

1/8(日)、10(火)、12(木)19:15〜(終20:47)
1/9(月)、11(水)、13(金)20:30〜(終22:02)

★先着で、解説リーフレットプレゼント!

一般1700円 / 大学・専門1300円 / シニア・火曜サービスデー1100円 / 小・中・高1000円 / 会員990円

▲TOPへ

ソングス・フォー・ドレラ
4Kレストア版


1990年/アメリカ/0h55
監督・撮影:エドワード・ラックマン

伝説的な元祖アングラロックの旗手、ヴェルヴェット・アンダーグラウンド。決別以来21年ぶりに共演したライヴを記録したドキュメンタリー。

1/8(日)、10(火)、12(木)21:00〜(終22:00)
1/9(月)、11(水)、13(金)19:15〜(終20:15)

一般1500円 / 大学・専門1200円 / シニア・火曜サービスデー1100円 / 小・中・高1000円 / 会員990円

▲TOPへ

PLAN75

カンヌ国際映画祭「ある視点」部門正式出品 カメラドール特別賞
2022年/日本・フランス・フィリピン・カタール/1h52
監督・脚本:早川千絵
出演:倍賞千恵子、磯村勇斗、河合優実

職を失った78歳のミチは「75歳から生死の選択権を与える制度〈プラン75〉」の申請を検討するが…。架空の制度を媒介に「生きる」ことを問う衝撃作。

1/14(土)~1/20(金) 9:30~(終11:27)
1/21(土)~1/27(金) 11:35~(終13:32)

一般1700円 / 大学・専門1300円 / シニア・火曜サービスデー1100円 / 小・中・高1000円 / 会員990円

▲TOPへ

ダイアナ元妃、没後25年ー
世界で最も愛され、突然の死を遂げた、プリンセス・ダイアナ。彼女を全く異なる角度から描いた2作品を上映!

プリンセス・ダイアナ

2022年/イギリス/1h49
監督:エド・パーキンズ

ダイアナの半生を描いた初の劇場版ドキュメンタリー。81年にチャールズ皇太子と婚約する数週間前から突然の死までの約16年間にスポットを当てる。

1/14(土)~1/20(金) 11:45~(終13:37)

一般1700円 / 大学・専門1300円 / シニア・火曜サービスデー1100円 / 小・中・高1000円 / 会員990円

▲TOPへ

スペンサー ダイアナの決意
アカデミー賞 主演女優賞 ノミネート
2021年/ドイツ・イギリス/1h57
監督:パブロ・ラライン
出演:クリステン・スチュワート、ティモシー・スポール

1991年、クリスマス。未来の王妃の座を捨て、女性として、母として、一人の人間として生きる道を選んだダイアナ、決意の3日間を描いた実話に基づく物語。

1/21(土)~1/27(金) 13:50~(終15:52)

一般1700円 / 大学・専門1300円 / シニア・火曜サービスデー1100円 / 小・中・高1000円 / 会員990円

▲TOPへ

ダウントン・アビー 新たなる時代へ

2022年/イギリス・アメリカ/2h05
監督:サイモン・カーティス
出演:マギー・スミス、ミシェル・ドッカリー、ジム・カーター

英国貴族の邸宅が舞台の人気シリーズ第二作。1928 年、映画撮影と相続話に沸き立つクローリー邸。一方、南仏の別荘では一族の存続を揺るがす秘密が…。

1/14(土)~1/20(金) 13:55~(終16:05)

一般1700円 / 大学・専門1300円 / シニア・火曜サービスデー1100円 / 小・中・高1000円 / 会員990円

▲TOPへ

ファイブ・デビルズ

カンヌ国際映画祭 監督週間正式出品、クィア・パルム選出
2021年/フランス/1h36
監督・共同脚本:レア・ミシウス
出演:アデル・エグザルコプロス、サリー・ドラメ、スワラ・エマティ

フランスのある小さな村。嗅覚に不思議な力を持つ少女が母の封じられた記憶にタイムリープし…。巨匠たちの脚本を手掛けてきた、今注目すべき新鋭監督作。

1/14(土)~1/20(金) 16:20~(終18:01)

一般1700円 / 大学・専門1300円 / シニア・火曜サービスデー1100円 / 小・中・高1000円 / 会員990円

▲TOPへ

クリエイション・ストーリーズ
世界の音楽シーンを塗り替えた男


2021年/イギリス/1h50
監督・原案・脚本:ニック・モラン
出演:ユエン・ブレムナー、スキ・ウォーターハウス、ジェイソン・フレミング、ジェイソン・アイザックス

90年代のブリットポップ・ムーブメントを牽引した英国の音楽レーベル、クリエイション・レコーズの創設者アラン・マッギーの波瀾万丈な人生を描く。

1/14(土)、16(月)、18(水)、20(金)18:15(終20:10)
1/15(日)、17(火)、19(木)20:10(終22:05)


一般1700円 / 大学・専門1300円 / シニア・火曜サービスデー1100円 / 小・中・高1000円 / 会員990円

▲TOPへ

バビロン

1980年/イギリス/1h34
監督・脚本:フランコ・ロッソ

1980年、ロンドン。圧倒的な人種差別の壁に押し潰されそうになりながらも、音楽に魂のすべてをぶつける若者たちを強烈に描いた幻の傑作。

1/14(土)、16(月)、18(水)、20(金)20:25(終22:04)
1/15(日)、17(火)、19(木)18:15(終19:54)


一般1700円 / 大学・専門1300円 / シニア・火曜サービスデー1100円 / 小・中・高1000円 / 会員990円


▲TOPへ

戦場記者

2022年/日本/1h42
監督:須賀川拓
企画・製作:大久保竜

TV特派員として世界の紛争地を駆け巡ってきた、日本人記者・須賀川拓が、様々な地域の戦場の実態をレポートし、“戦場の今”を映し出したドキュメンタリー。

1/21(土)~1/27(金) 9:30~(終11:17)

一般1700円 / 大学・専門1300円 / シニア・火曜サービスデー1100円 / 小・中・高1000円 / 会員990円



▲TOPへ

ロックンロール・ドキュメンタリー特集
音楽の道を切り開いた女性ミュージシャン、多くの名曲を生み出した西海岸。1960~80年代、 アメリカから世界にその音楽を響かせた人々と聖地にまつわるドキュメンタリー4本を上映!

リンダ・ロンシュタット
サウンド・オブ・マイ・ヴォイス


2019年/アメリカ/1h33/PG12
監督:ロブ・エプスタイン、ジェフリー・フリードマン
出演:リンダ・ロンシュタット、ジャクソン・ブラウン、エミルー・ハリス

アメリカ西海岸を代表する歌手リンダ・ロンシュタットの半生を描き、2021年・第63回グラミー賞で最優秀音楽映画賞を受賞したドキュメンタリー。

1/21(土)、25(水)、27(金)16:05〜(終17:41)
1/23(月)18:05〜(終19:41)


一般1700円 / 大学・専門1300円 / シニア・火曜サービスデー1100円 / 小・中・高1000円 / 会員990円


スージーQ

2019年/オーストラリア/1h44
監督:リーアム・ファーメイジャー
出演:スージー・クアトロ、アリス・クーパー、ジョーン・ジェット、ヘンリー・ウィンクラー

“サディスティック・ロックの女王”“陶酔のアイドル”と 呼ばれ、史上初の女性ロッカーとして一世を風靡し、 現在も精力的な活動を続けるスージー・クアトロ。スージーを崇拝するジョーン・ジェット、デボラ・ハリー、 シェリー・カーリー等女性ロッカー総出演!

1/21(土)、25(水)、27(金)17:55〜(終19:42)
1/23(月)16:05〜(終17:52)


一般1700円 / 大学・専門1300円 / シニア・火曜サービスデー1100円 / 小・中・高1000円 / 会員990円


ローレル・キャニオン
夢のウェストコースト・ロック


2020年/アメリカ/2h00/PG12
監督:アリソン・エルウッド
出演:ザ・バーズ、バッファロー・スプリングフィールド、ドアーズ、モンキーズ、ママス&パパス、ジョニ・ミッチェル、クロスビー、スティルス、ナッシュ&ヤング、ジャクソン・ブラウン、リンダ・ロンシュタット、イーグルス、ヘンリー・ディルツほか

数多くのミュージシャンが引き寄せられるように移り住み、次々と名曲を生んだウェストコースト・ロックの聖地=ローレル・キャニオン。膨大なフィルム・ライブラリーから厳選された貴重映像と写真で各アーティストが“魔法の音楽磁場”の歴史を振り返る。

1/22(日)、26(木)16:05〜(終18:07)
1/24(火)17:45〜(終19:47)


一般1700円 / 大学・専門1300円 / シニア・火曜サービスデー1100円 / 小・中・高1000円 / 会員990円


エコー・イン・ザ・キャニオン

2018年/アメリカ/1h23
監督:アンドリュー・スレイター
出演:トム・ペティ、ブライアン・ウィルソン、リンゴ・スター、ミシェル・フィリップス、エリック・クラプトン、スティーヴン・スティルス、デヴィッド・クロスビー、グラハム・ナッシュ、ロジャー・マッギン、ジャクソン・ブラウン、ザ・ビーチ・ボーイズ、ママス&パパス、ザ・バーズ、バッファロー・スプリングフィールド

60年代後半から70年代にかけて多くのミュージシャンが住み、数々の名曲を生み出したウェストコースト・ロックの聖地ローレル・キャニオン。貴重なアーカイブ映像とともに、ローレル・キャニオンの歴史的音楽シーンのルーツを描き、当時の音楽がいかに現在に影響を与えているかを明らかにしていく。

1/22(日)、26(木)18:20〜(終19:46)
1/24(火)16:05〜(終17:31)

一般1700円 / 大学・専門1300円 / シニア・火曜サービスデー1100円 / 小・中・高1000円 / 会員990円

▲TOPへ

アザー・ミュージック

2019年/アメリカ/1h25
監督・製作・撮影:プロマ・バスー ロブ・ハッチ=ミラー
出演:マーティン・ゴア、ジェイソン・シュワルツマン、ベニチオ・デル・トロ、ヨ・ラ・テンゴ、オノ・ヨーコ

NYイースト・ヴィレッジにあるレコードショップ“アザー・ミュージック”。国籍、職業、趣味性を超え、音楽を愛する人々の拠点だったこの店が、2016年に閉店するまでの21年間を辿るドキュメント。

1/21(土)~1/27(金)20:00~(終21:30)
★下記日程上映後、トーク開催決定!
1/21(土) 岡田秀則さん(インディーズ音楽愛好家、国立映画アーカイブ)
1/25(水) 松永良平さん(音楽ライター)

一般1700円 / 大学・専門1300円 / シニア・火曜サービスデー1100円 / 小・中・高1000円 / 会員990円

▲TOPへ

劇場版 荒野に希望の灯をともす

2022年/日本/1h30
監督・撮影:谷津 賢二
朗読:石橋蓮司

アフガニスタンとパキスタンで35年に亘り、病や貧困に苦しむ人々に寄り添い続けた中村哲医師。混沌とする時代の中で輝く、彼の生き方を追ったドキュメント。

1/28(土)~2/3(金) 9:30~(終11:05)

一般1700円 / 大学・専門1300円 / シニア・火曜サービスデー1100円 / 小・中・高1000円 / 会員990円

▲TOPへ

イタリアの至宝、ナンニ・モレッティ
カンヌ国際映画祭に愛される巨匠ナンニ・モレッティ監督が贈る、新旧2作品を同時上映!

親愛なる日記 レストア版

カンヌ国際映画祭 監督賞
1993年/イタリア・フランス/1h41
出演:ジェニファー・ビールス、アレクサンダー・ロックウェル、カルロ・マッツァクラーティ、レナート・カルペンティエーリ

監督が自身を演じ、ローマとシチリアの島々を巡り、旧友とたわいのない話をし、激しい痒みに襲われ病院を巡る。親密でおかしくてちょっと辛辣な3章からなる物語。

1/28(土)~2/3(金) 11:25~(終13:11)

一般1700円 / 大学・専門1300円 / シニア・火曜サービスデー1100円 / 小・中・高1000円 / 会員990円


3つの鍵

カンヌ国際映画祭 コンペティション部門出品
2021年/イタリア・フランス/1h59/R15+
出演:マルゲリータ・ブイ、リッカルド・スカマルチョ、 アルバ・ロルヴァケル

ローマの高級住宅街の同じアパートに住む3つの家族。ひとつの事故をきっかけに、彼らの別の顔が露わになっていく様子をスリリングに描いた人間ドラマ。

1/28(土)~2/3(金) 13:30~(終15:34)

一般1700円 / 大学・専門1300円 / シニア・火曜サービスデー1100円 / 小・中・高1000円 / 会員990円

▲TOPへ

冬の旅

ヴェネチア国際映画祭 金獅子賞 国際評論家賞
1985年/フランス/1h45
監督・脚本・共同編集:アニエス・ヴァルダ
出演:サンドリーヌ・ボネール、マーシャ・メリル、ステファン・フレイス

冬の南仏。畑の側溝で18歳のモナが凍死体となって発見された。孤独に旅をしていたモナが死ぬまでの数週間を、彼女が出会った人々の証言を通して辿っていく。

1/28(土)~2/3(金) 15:50~(終17:40)

一般1500円 / 大学・専門1200円 / シニア・火曜サービスデー1100円 / 小・中・高1000円 / 会員990円

▲TOPへ

アメリカン・エピック

アメリカのポピュラー音楽のルーツをひも解きながら、発展の歴史を全4部作、5時間以上で描く大作ドキュメンタリー。ナレーターは名優ロバート・レッドフォード。

監督・脚本:バーナード・マクマホン
製作総指揮:T・ボーン・バーネット、ロバート・レッドフォード、ジャック・ホワイト

1/28(月)~2/3(金)日替り上映

一般1700円 / 大学・専門1300円 / シニア・火曜サービスデー1100円 / 小・中・高1000円 / 会員990円








エピソード1 ザ・ビッグ・バン
元祖ルーツ・ミュージックの誕生


2017年/アメリカ/0h57
出演:カーター・ファミリー、メンフィス・ジャグ・バンドetc

1920年代、レコード会社は全米を回り、初めて労働者たちの音楽を録音する。その中からスターが生まれ、様々なジャンルの先駆者となった。

エピソード2 「血と土」
過酷な労働から生まれたブラック・ミュージック


2017年/アメリカ/1h00
出演:エルダー・J・E・バーチ、ウィリアムソン・ブラザーズ、チャーリー・パトンetc

教会、炭坑、綿花畑で育まれた音楽は、辛い生活から人々を解放した。多くのレコードが吹き込まれたものの、ほとんどのアーティストが名を残すことはなかった。

エピソード3 多民族音楽国家アメリカ

2017年/アメリカ/1h28
出演:ホピ・インディアン・チャンターズ、ジョセフ・ケクク、リディア・メンドーサ、ミシシッピ・ジョン・ハートetc.

先住民、ハワイアン、ケイジャン、ラテン。それぞれ独自のリズムやメロディを持つ豊かな音楽。それはまさに多民族国家アメリカを象徴していた。

エピソード4 セッションズ

2017年/アメリカ/1h56
出演:ジャック・ホワイト、ナズ、アラバマ・シェイクス、ロス・ロボス、エルトン・ジョン、タージ・マハール、ベティ・ラヴェット、アヴェット・ブラザーズ、リアノン・ギデンズ、ウィリー・ネルソン、マール・ハガードetc.

1920年代に開発された最初の電気式録音機。この残存する唯一の機会を修復し、当時の方法でレコーディングするために集まった偉大な20アーティスト。夢の競演が実現する!

▲TOPへ

1月の上映スケジュール  2月  特集1  一覧表